夏休みの宿題の謎

banner02
宿題 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

あなたは、夏休みの宿題を最後の1日で片づけたことはありませんか。

多くの人が、夏休みの宿題を最後の1日、あるいは最後の数日で片づけた経験があると思います。

宿題が1日で終わるのであれば、最初の1日で全部やってしまえばいいと思いますが、実はそれはできないのです。

背水の陣。火事場の馬鹿力。窮鼠猫を嚙む・・・。

限界状況に追い込まれた人間が、実力以上の力を発揮することは、昔から知られています。

また、あなた自身も、夏休みの宿題に限らず、「明日までの締め切り」といった期限が迫った仕事に取り組む場面で、「火事場の馬鹿力」を実感したことがあるはずです。

制限時間を決めると仕事は効率化します。

「1時間で終わらせる」といった時間単位で制限時間を設ける、あるいは「〇月〇日まで」という期限や期日を設けても同様に集中力がアップし、仕事の効率が高まります。

それでは、なぜ人間は追い込まれると、そこまでのすごい力を発揮できるのでしょうか。

これもまた、脳科学的に説明されます。

人は追い込まれると、脳内でノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンは、集中力を高め、学習能力を高め、脳を研ぎ澄まします。

結果として、脳は最高のパフォーマンスを発揮するのです。

_______

神・時間術

樺沢 紫苑 著

大和書房