「売れる営業マン」と「売れない営業マン」の違いとは??

banner02
画像:https://coconala.akamaized.net

私は20数年もの間、売れる営業マンと売れない営業マンをたくさん見てきた。

たとえば、あなたがお客様として何かものを購入する場合、いったいどんな営業マンから買いたいと思うだろうか。

親切な人、知識がある人、笑顔の人、説明の上手な人、それとも、値引きしてくれる人だろうか。

そもそも、営業マンが人から嫌われてしまうのは、「営業をする」からだ。

だから、人は「営業をしない」人から買いたいのだ。

たとえば、あなたがシャツを買いにデパートに行ったとしよう。

そこに現れた販売員は、あなたの興味を引こうと、みえみえのお世辞を連発し、営業スマイルで、わざとらしい積極さと、何でもいうことを聞きます的な従順な態度で接してくる。

「これなんか、お似合いですよ」

「じゃあ、これはどうですか?お客様は何を着てもお似合いになりますね」

「このシャツは超お買い得ですよ!」

「これは今、流行ってて、かなり売れてますよ」

あなただったらどうするだろうか?

たしかに、シャツがほしくてやってきた。

販売員がいうとおり似合っているような気がするし、値段も確かに安そうだ。

しかし、最後の決断がなかなかできない。

そして、迷ったあげくに「また来ます」とごまかして、二度と行くことはない。

そんな経験が一度や二度はあるだろう。

なぜ、最後の最後で購入に踏み切れなかったのか。

それは、その販売員を「信じきれなかった」からだ。

本当のことをいっているのか、嘘なのか、判断できなかったのだ。

もし、この販売員が、

「こちらのシャツは似合ってませんよ。こちらのシャツの方お似合いですよ」

「ああ、この手のシャツでしたら、隣の店にオススメのものがございますよ」

「来週からセールが始まりますので、今日は買わないで帰ったほうがいいですよ」

などといってくれたとしたら、その販売員から買いたいと思わないだろうか。

その理由は、この販売員が正直な人だと感じたから。

嘘をいわない人だと感じたからだ。

「あなたがいうなら間違いない」と信じられたとき、最後の決断ができるようになる。

「高くてもいいから、あなたから買いたい」と、営業担当者の付加価値を評価してもらえたら理想的だ。

すべての人間関係に、この法則が当てはまる。

好かれている人は、相手に受け入れてもらう努力はせず、あくまで自然体だ。

正直に思っていることを伝え、その結果、嫌われてもかまわない。

そんな態度で接している。

自然体で正直な人というのは、相手と親しくなるために、無意識に「操ろうとする習慣」から解放されている。

引用:早川勝 著
『「最高の結果」はすべてを「捨てた」後にやってくる』総合法令出版