「善人」のやめ方

banner02
笑顔 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

吃音症の事務員が、どういうわけか人事異動で外交員の仕事に回された。

自分はセールスマンの仕事はできないということで、彼は会社を辞めようと思った。

ところが先輩に、

「おまえは喋るのが苦手でも、聞くことはできるだろう。

ひとつ、人の話を真剣に聞いてみろ。

だって、会話というものは、話すと聞くが半分ずつなんだ。

おまえはその半分はできるじゃないか。

それでだめなら、そのときに会社に辞表を出せばいい」

と忠告されて、それで彼は外交の仕事をします。

そうすると、すぐに、「あの人は話のうまい人だ」という評判になり、売り上げ成績も伸びたそうです。

吃音を欠点だと見て、それを矯正するやり方もある。

普通、人はそうします。

でも、欠点は個性なんです。

だから吃音という個性を活かせばいいのです。

_______

「善人」のやめ方

ひろさちや 著

角川書店