目標の見えない作業ほど辛いものはない。

banner02
ウクレレ いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

目標の見えない作業ほど辛いものはない。

マラソンをするときに、10キロマラソンだとわかっていれば、ゴールを目指して走ることはできる。

しかし、ゴールがどこなのか教えてくれないマラソンは辛いだろう。

ただひたすら走らされるのである。

同様に、東京大学合格、開成中学合格という目標があれば、辛い勉強も頑張れる。

しかし、何のために勉強しているのかわからないまま勉強することは、苦行となる。

お嬢さんには、目標がピンときていなかった。

そりゃそうだろう。弱冠5歳で、「公立小学校と比べて私立小学校の教育はレベルが高く・・・」と言われても、理解できるわけがない。

「秋の入試を頑張りましょう!」とは、塾でもママさんに言っていたが、子どもにとって数か月後は、とてつもなく遠い未来の話である。

今頑張ったって、結果が出るのは遠い未来。やる気が出るはずもない。

なので、もっとわかりやすい目標設定をすることにした。

まず、お嬢さんのお受験友達を2人呼んでもらい、塾だけでなく家でも一緒に勉強してもらうことにした。

そして、プリキュアのシールを用意した。

問題に正解すると、シールを1枚あげることにしたのだ。

頑張って問題を解けば、1秒後にシールをもらえる。頑張りに対する「報酬」が目に見える。

また、お友達と一緒に勉強することで競争原理が働く。どこにでもありそうなシールなのだが、お嬢さんたちにはプリキュアのシールをGETするために必死だった。

_______

すべての「学び」の前に鍛えるべきは、「教わる力」である。

牧田 幸裕 著

ディスカヴァー