本田健「人気店は面倒くさいことをしている」

banner02
洗濯 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

私がよく行く日本料理店に、徹底的に仕事を究める料理人がいます。

彼は、メインではない付け合わせの野菜一つにも、見事な飾り包丁を入れます。

たとえば、ニンジンで紅葉を、キュウリで青葉を表現したりするのです。

たしかに、それによって美しさが増し、私たちの目を楽しませてくれていますが、それをしなくても彼の料理は充分に美味しいのです。

あまりにも手間がかかりすぎではないか。

連日満員の人気店なのだから、その手間をほかに回したほうが得なのではないか。

そう思った私は、一度聞いてみたことがあります。

「どうして、こんな面倒なことをするんですか?」

すると、「面倒くさいと思ったら、そこから、さらに三手間かけるようにしているんです」という答えが返ってきました。

その手間があるからこそ、お店は流行っているのだと。

彼の答えにしびれました。

だから私も、彼を見ならって、本のゲラをチェックするときなど「もういいだろう」と思ってから、さらに最低三回は見直して、修正、加筆するようにしています。

どんな仕事でも、手を抜こうと思えば抜けるし、さらに手間をかけようと思えばかけることができます。

たとえば、上司に「〇〇について三つの案を金曜日中に出してくれ」と言われたら、三つの案を期限ぎりぎりに出してよしとするでしょう。

その中には、「まだ詰めが甘いな」と感じる案も交ざっているはずです。

「でも、まあ、言われたとおりに出せたから、いいや」

これが、普通の人の働き方です。

でも、運を開いていく人は、ここに「ちょっとプラス」を心がけます。

三本と言われたところを五本出してみる。

期限より一日早く、木曜に出してみる。

あるいは、案を出すだけでなく資料をつけてみる。

こうした小さなひと頑張りによって、この人は、全然違うという印象を与えることができます。

そうやって、ほかの人にはつかめない運をつかんでいくのです。

小さなひと頑張りをプラスしても、すぐに実利につながるとは限りません。

もしかしたら、その頑張りに上司はなかなか気づいてくれないかもしれません。

しかし、「手を抜かずにやった」という気持ちは自分の中に残ります。

それはとても大事なことなのだと思っています。

いつも手を抜くクセをつけていれば、それに見合う結果しか手にできません。

見る人は、ちゃんと見ています。

やがて大きなチャンスが訪れることは、間違いないでしょう。

『強運の法則』PHP研究所