小さな開き直りが脱出

banner02
ブルドック いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

生きていれば、楽しいときもつらいときもあります。

それは、誰にとっても当たり前のことです。

そのときに気をつけなければならないのは、

つらい気持が強くなると私たちは、ものの見方や考え方が狭くなったり、固まったり、歪んでしまったりすることがある、という点です。

そうなると現実の中の、

ほんの小さな一部分しか見えなくなってしまいます。

ものの見方がせばまると、気持のほうもますます辛くなってきます。

そうして「つらい気持」と「狭い見方」を悪循環をはじめて、

気持がどんどんつらくなってくるのです。

そのようなときに大切なことは、もう一度、

柔軟なものの見方、考え方をとり戻すことです。

そのためには、ちょっと立ち止まる。

周りをよく見直してみる。誰かと話す。

「あれかこれか」の二者択一ではなく、

もっとやわらかく考えてみる。

そのような小さな開き直りが脱出の役に立ちます。

~~~

出典

[こころをほぐす小さな[開き直り」術]

大野 裕 著

主婦の友社 より