相手の剣の届くところに身を置かねば、自分の剣もまた届かない

banner02
子供 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

《相手の剣の届くところに身を置かねば、自分の剣もまた届かない》(影法師・講談社文庫)

『影法師』に登場する剣術の道場主の言葉である。

誰だって真剣で戦うときは、傷を負わずに勝ちたいと思うだろう。

しかし敵の剣が届かないところで、いくら剣を振り回しても、相手を斬ることはできない。

相手を斬ろうと思えば、敵の剣の間合いに自ら入らなければならない。

これはあらゆる勝負に言えることではないかと思う。

株でも競馬でも大きく勝とうと思えば、大きく張らないといけない。

ビジネスも同様。

人と同じことをやっていては、大きな失敗もしない代わりに、大成功もない。

結局、自分が傷つくおそれが一つもない状況では、所詮、大きな勝利を得ることはできないということだ。

これはビジネスや金儲けに限らない。

人間関係や恋愛においても同じである。

相手の懐に深く飛び込んでこそ、本物の人間関係が築かれるし、恋も成就する。

嫌われることを恐れてばかりいて、大事な一歩を踏み込めずにいては、何も生まれない。

『百田百言』幻冬舎