人にかわいがられる男

banner02
男の子 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

あくまでも一般論ですが、静かな男とにぎやかな男のどちらが、大勢の人にかわいがられるかといえば、間違いなくにぎやかな男でしょう。

上の立場からすると、静かな男では、心が“正気分”になりにくいからです。

正気分とは「友人、食事、運動、音楽、パーティ」などによってもたらされる、楽しい気分をいいます。

たとえば、静かな部下からは、「このパーティに行きませんか?」とか「こんな人がいるのですが、お会いになりませんか?」といった広がりを期待できません。

これに対してにぎやかな男は、よそからおもしろそうな人物や、情報を運んできます。

これによって上に立つ男のつき合いの幅を広げてくれるのです。

酒が飲めれば、とことん騒いで、相手を楽しませることができますし、たとえ自分は飲めなくても、座持ちが巧みで、最後まで客をあきさせません。

こういったタイプの部下は、それこそ金の草鞋(わらじ)をはいて探しても、見つけるのはむずかしいでしょう。

ある印刷会社の社員で、誰からもかわいがられるTさんという方がいます。

彼はいくらでも酒を飲みますが、血圧を理由にして、飲まないこともできるという、二刀流です。

このTさんの行動力は驚くほどで、それだけに私のところに来ると、新しい知識や情報をふんだんに披露していきます。

さらに座によっては、かつて津軽三味線の全日本大会第4位、という実力を披露してくれるのです。

Tさんの自慢は、いま超売れっ子の吉田兄弟の兄が第7位入賞のとき、それを上回る第4位だった、ということですが、それも納得できる鮮やかな弾きっぷりです。

酒の席でかわいがられるための5つの条件というものがあります。

1.飲んでも飲まれず

2.ふだん以上に気働きを

3.居座るでもなく、先に帰るでもなく

4.酔っても、からまず、泣かず

5.おごられてばかりではない

だから酒席はむずかしい、といわれるのですが、この5つの条件のどれか一つでも欠けたら「なんだ、あいつは!」と、いやみをいわれるかもしれません。

自分はこれらの条件を満たせないと思うのなら、酒席で、何回か失敗を重ねる覚悟で取り組むことです。

『人にかわいがられる男になれ!』三笠書房