スポーツは上に行けば行くほど身体的にも辛い

banner02
ラグビー いいため話
画像:http://publicdomainq.net

スポーツ選手の場合、プロやレベルの高い選手は、居心地の悪い状態を快適と思わなければなりません。

スポーツは上に行けば行くほど身体的にも辛いし、精神的にも非常に大きなプレッシャーがかかります。

そのような居心地の悪さの中で、快適と思えるように自分を作り上げていかなければならないのです。

どうすれば、そんなことができるか?

それはトレーニングの方法にあります。

選手が不快であるような状況に、コーチが追い込むのです。

はじめのうち、選手は嫌がりますが、トレーニングを重ねるうち、不快さに多少慣れてきます。

そして、本番の試合では、練習よりずっと楽になり、高いパフォーマンスを発揮できるのです。

もう少し詳しく言うと、実際の試合よりスピードを上げた練習をし、意思決定までの時間を短くします。

選手は、瞬時に次の行動を決めなければなりません。

あえて練習を、実際の試合より緊張を強いられるものにするということです。

(中略)

何事も、本番で大きな力を発揮しようと思えば、普段から自分を追い込む訓練をすることが必要ではないでしょうか。

そして、これもまた、準備だと思います。

成功のためには、一にも二にも、準備が必要なのです。

準備というものは、怠りがあってはいけません。

物事の隅々まで意識しながら、行うことが大事です。

_______

ハードワーク

エディー・ジョーンズ 著

講談社