船を浮かべる水も、沈める水も一つ

banner02
お風呂 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「船を浮かべる水も、沈める水も一つ」

一つの水を限りなく船の中へとりこんでゆくと、船を沈没させてしまいます。

同じ水を、船の外へ汲み出すと、船を浮かべ、おし進める水へと変わります。

ちょうどそのように、人間の欲がイコール悪ではありません。

欲は天地から授かった大切な命のエネルギーです。

そのことに気づかず、小さな自我の、ああしたい、こうしたい、たいたいという欲望のほうに向けたとき煩悩となります。

お釈迦さまは、この煩悩の方向に向けてしまった欲に対して小欲・知足を説き、あるいは煩悩の炎にたとえて消せとか断てと説かれます。

「火について焼けず、火にそむいて凍えず、よく火を利用するごとく、人、欲を修道のほうに向けよ」と古人は説いておられます。

火はいいものだとしがみつけば火傷をする。

火は恐ろしいと遠ざければ凍える。

そうではなく上手に火を利用するように、人々よ、欲を道を修める方向へ、向上へと向けよ、というのです。

_______

泥があるから、花は咲く

青山 俊董 著

幻冬舎より