試験の時間を作る仕事術

banner02
試験 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

仕事の能率が上がらない人は、生活の中から「試験を受けている状態」をなくしてしまっている場合があります。

たとえて言えば、90分の試験があるところを「時間をかければできるから」と言って、家に持って帰り、一日かけてやろうとする。

ところが、基本回転数が上がらなくなるので、時間を延ばした分、多くの量をこなせるようになるとは限りません。

結局、夜遅くまでかかってしまい、「次の日の試験は朝九時からでは大変だから、午後から始めてもいいですか」ということを考え始める・・・。

律儀で努力家の人ほど「一日二四時間が仕事の時間」と考えがちですが、これは脳の性質から考えて、決して効率的な働き方ではありません。

同じ一生懸命に仕事をするのでも、「試験を受けている状態を一日に何回つくるか」という方向に考えを切り替えていかないと、いつまでも脳を上手く使えるようにはならないと思います。

_______

脳が冴える15の習慣

築山 節 著

NHK出版新書より