勉強は「先行逃げ切り型」が圧倒的に有利

banner02
勉強 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

子どもを勉強好きにする方法の一つに「勉強の先取り」をさせておくというものがあります。

小学校に入学する前に、小学校で学ぶことを前もって勉強しておく。

たとえば九九の暗記などに取り組んでおくというわけです。

そうしておけば、実際に九九の授業を受けたときに「簡単にできる」「全部できる」という自信を持つことができます。

これによって、勉強嫌いになるのを未然に防ぐのです。

勉強は「先行逃げ切り型」が圧倒的に有利です。

できるだけ勉強を先取りしておき、他の子よりもできているという状況を作っておく必要があります。

「自分は頭がいい」「まわりの子よりもできる」というほうが勉強に対する意欲も高まります。

勉強に対する高い意欲を持っていれば、後々の学力の伸びにも大きく影響するはずです。

ただし、子どもによっては、「学校の勉強は簡単すぎてつまらない」などと、学校の勉強をなめてしまう可能性もあります。

結果的に学校の授業についていけなくなったら元も子もありません。

「一度覚えたことをもう一度ちゃんと聞くと、ずっと覚えるようになるよ」

などと、復讐の重要性を伝えていきましょう。

まわりの子をバカにせずに、学校の授業をきちんと聞くという態度をみにつけさせておくことも大切です。

_______

「自分から勉強する子」の親の言葉

和田 秀樹 著

大和書房より