【中谷彰宏】交渉事の上手い人が普段やっていること

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

英文学者の小田島雄志先生はパチンコが大好きです。

ふだんから優しい方なので、パチンコが出ない時も、パチンコの機械に向かって

「君も苦しいだろうけど、僕だって苦しいんだ。お互い頑張ろう」

と、ささやきかけます。

そんなふうに言われたら、機械も頑張ります。

私は、ボウリングは、レーンに合うようにボールを変えます。

合わないボールに

「おまえはもう使わない」というのではなく、「ちょっと1回休もうか。ゴメン。僕の選択が間違った」

と言うのです。

モノに対しても愛情を注ぎます。

上司がそこら辺のゴミ箱を蹴飛ばしていたら、それだけで自分が蹴飛ばされた感じがします。

言葉は刃物と同じです。

包丁やはさみを刃から渡す人はいません。

言葉は冷静さを欠くと刃から渡してしまいます。

交渉ごとのうまい人は、激論の時ほど小さい声で話します。

ここで大きい声になる人は、メンタルが揺らいでいます。

ぶちキレそうになった時に、どれだけ冷静に粛々と進められるかです。

切れ者の弁護士は、それができるのです。

引用:中谷彰宏 著
『一流の人が言わない50のこと』日本実業出版社