なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

banner02
読書 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

ある日、鎌倉にある滑川(なめりかわ)の川辺を、部下を伴って歩いていたとき、彼は誤って10文銭を川に落としてしまいます。

急いで部下たちに川の中をさがさせましたが、なかなか発見することができません。

そうこうするうちに、日が暮れ、辺りが暗くなってきました。

さすがの青砥もこれであきらめるかと思いきや、50文を部下に渡し、町でたいまつを買ってくるように命じたのです。

たいまつを灯して、捜索活動を続けようと考えていたわけです。

それからしばらく経って、たいまつの明かりのおかげで、10文銭は発見されました。

それは確かによいことかも知れませんが、10文を探すために50文を費やしたことについては、どう考えれば正解なのでしょうか。

40文の損失だから、青砥の行為は愚かしいものだと判断すべきなのでしょうか。

捜索活動が終わった後、青砥は部下に次のように話したといいます。

すなわち、「もし自分が川底に沈んだ10文銭をあきらめていたら、天下から永遠に10文が失われてしまったことだろう。

もしそうなったら、自分は天下に申し分が立たない。

それに対して、費やした50文は、町の人々のものになっただけで、失われてはいない。

だから、自分の行為は一切間違っていないのだ」、と。

梅岩は、この青砥の行為を、高く評価しています。

その理由は、彼が「自己の利益」にとらわれず、世の中全体のことを考えて行動したからにほかなりません。

_______

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

森田健司 著

ディスカヴァーより