できる人とできない人の小さな違い

できる人とできない人

セントルイス・カージナルスのマーク・マグワイア選手が1998年に70本のホームランを打ったのは圧巻だった。

彼はそれだけエキサイティングな選手なのだ。

しかし、同じ年にマグワイアが155回も三振しているという事実を、あなたは知っているだろうか。

彼はそれまでの選手生活で457本のホームランを打っているが、1259回も三振している。

つまり、彼の場合、三振の数はホームランのほぼ3倍に相当するというわけだ。

史上最高のバスケットボール選手の名前を挙げるとすれば、あなたは誰を思い浮かべるだろうか。

おそらく多くの人がすぐにマイケル・ジョーダンの名前を挙げるはずだ。

私もそうだ。

では、こんな統計を紹介しよう。

マイケル・ジョーダンの生涯得点率は5割、言い換えれば、彼がプロとして放ったシュートの半分は、「失敗」に終わったことになるのだ。

もちろん、この法則はスポーツだけにあてはまるわけではない。

芸能界のスターやマスコミに登場するパーソナリティも失敗と無縁ではないことは周知のとおりである。

多くの役者は10年も15年も下積みの生活を経験し、何百回も断られた末にようやく役をもらい、活躍の糸口を見つける。

しかも、ある程度の成功を収めたあとでも、時おり失敗作を経験する。

これらの人たちは、成功とは大部分が粘り強さの問題であることを認識している。

つまり、挑戦を続け、自分の能力を開発し続け、途中で軌道修正を続ければ、成功するのである。

ベストセラー『ガルシアへの手紙』の著者、エルバート・ハバードはこう言っている。

「人間が犯しうる最大の過ちは、過ちを犯すのを恐れることだ」と。

あなたに必要なのは、もっと多くの打席に立つこと、もっと多くのオーディションを受けること、もっと多くの見込み客を訪問することなのだ。

《成功するために失敗の回数を増やす》

『できる人とできない人の小さな違い』ディスカヴァー