何を捨て何を残すか

何を捨てるべきか

わたしは「人生は壮大な実験だ」と思っています。

特に今のような価値観の変化している時代には、他人との比較ではなく、自分で試すことがなによりも価値のある経験となります。

一昔前までは何歳で部長になり、年収はこのくらいで退職したら退職金と年金でこんな暮らしをしていこう…というプランが描きやすい連続性のある社会でした。

その時代は実験よりも、前例に沿った生き方をする方が賢かったのかもしれません。

しかし、今は良い意味でも、悪い意味でも何が起きるかわからない非連続の社会です。

連続していないということは社会にも個人にもどんなことが起こるかわからないということです。

決めつけた生き方では可能性を狭めるだけでなく、変化に弱いライフスタイルになってしまいます。

決まりきった正解はなく、典型的な人生もどんどんなくなってきている時代には、常に実験を繰り返し、前例のない道を歩んでいかなければいけません。

期待していた結果が出た時も、出なかった時も、実験したことでチャンスが広がっていくことはたしかです。

また、テクノロジーの進化によって今後はますますおもしろいやり方、思いがけないチャンスが広がっていくかもしれません。

やってみなければ、良し悪しは誰にもわからない。

シンプルな教訓を大切にしていきましょう。

日々を見直していくことの重要性。

時には強制的に飛び降りることの大切さ。

わたしは自戒も込めて、日産自動車のテレビCMで使われた矢沢永吉さんの、この言葉をよく思い出しています。

2種類の人間がいる。

やりたいことやっちゃう人とやらない人。

やりたいことやってきたこの人生。

おかげで痛い目にもあってきた。

散々恥もかいてきた。

誰かの言うことを素直に聞いてりゃ、

今よりずっと楽だったかもしれない。

でもね、これだけは言える。

やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなくおもしろい。

俺はこれからもやっちゃうよ。

あんたはどうする?

生活の中に小さな変化をつけていくことは、年齢や家庭環境に関係なく試すことができます。

配偶者がいて、子どもがいて、家庭があり、守るべき物が多くなっていたとしても365日のうちほんの1週間だけでも実験に時間を割くこと。

自分のためだけに使える時間を作ること。

その試みが、あなたの次の5年、10年を大きく変えていくキッカケになります。

大事なのは、本気で自分で考えを突き詰め、小さなことから試していくこと。

すると、必ず本人にとって財産になる視点が得られます。

あなたは、忙しさをやらないための言い訳に使ってはいないでしょうか?

『何を捨て何を残すかで人生は決まる』青春新書