人生はあきらめるとうまくいく

人生諦める

私は今、75歳になりました。

同窓会などで同じ歳の人たちに「俺たちは元とったよな」と言う。

「元とったってどういう意味だ?」と、一部の人はその言葉の意味がわからない。

3分の1くらいは同調する。

これが知足です。

わからない人は言います。

「俺はまだ100歳まで生きないといけない」と。

もっともっと長く生きて、年金をもらわなくては、などと使命感に燃える人はダメ。

幸せではありません。

いつでも元をとったと思えばいいのです。

天台宗の有名なお座主(ざす)さんがいらっしゃった。

比叡山で夏の講座があり、私も呼ばれてお話をしたことがあります。

当時、確か猊下(げいか)は98歳でした。

「自分は、108歳まで生きたい。108まで生きると天海僧正と同じまで生きることになるし、21世紀にも突入する。

私、19世紀の生まれですから、ホップ・ステップ・ジャンプで21世紀まで生きたんだ」

そうおっしゃった。

欲のない猊下でとてもよくしていただいた方だったので、少し驚きました。

98歳まで生きると、「次は108まで」生きようとがんばってしまうのかな、と。

人間というものは、歳とったらダメだなぁと思います。

歳取ったら、欲は小さくなるかもしれないけれど、少なくはならない。

欲の数はどうんどん増えていきます。

欲というものがもともと持っている性質なのでしょう。

一つ達成されると、次、次、と増えていきます。

『人生はあきらめるとうまくいく』幻冬舎