何も売らない商売の秘密

何も売らない

バチカンって何も売ってないんだよ。

キリストが死んでから2000年たつ。

それでも、世界中から人がくるんだよ。

それって、なんでですか?…って言ったとき、キリストの言ったことがステキだったんだよ。

だから、人間、ステキに生きたほうがいいんだよ。

それで、誰だって、ステキに生きられるんだよ。

ステキとは、言っていることに「愛と光」があればいいの。

わかるかい?

リストラされてな、辞めるということが決まったら、辞めるしかないんだよ。

だけど、そのときに、仲間の悪口も言えるんだよ。

社長の悪口も言える。

でも、「お世話になりました」も言えるんだよな。

「みんな、仲良くしてくれてありがとね」とか。

「近所にきたら、遊びにくるからね」とか。

ところで、自分の言っいること、ステキですか?って。

うらみごとを言うほうが、いいんですか?って。

人があなたのためを思って、一冊の本を紹介してくれた、そのとき、

「オレ、本、読まない人なんだ」って言うのと、「オレ、本、読まないけど、社長が言ってくれるんだから、オレ、読むよ」って。

どっちのほうがステキですか?

何かあったときに、あなたの言っていること、ステキですか?って。

いつも本出しても読まない人が、「悪かったよ」って、

「オレに、本読めって言ってくれるの、あなただけだから、読んでみるよ」って言ったとき、「こいつ、違うぞ」と思うもんな。

わかるかい?

人間って、もっともっと、ステキになれるんだよ。

ステキになれば、人生、変わるんだよ。

『斎藤一人 知らないと損する不思議な話』PHP研究所