もっとも愚かな人間とは

banner02
愚かな人間

《もっとも愚かな人間とは、他人が責めていないのに、自分勝手に自分で自分を責める人のことをいう。》

…19世紀のドイツの考古学者、ハインリッヒ・シュリーマン

トロイア遺跡の発掘で有名なシュリーマンの言葉の意味は、わかりやすくいうと、「他人が何の指摘も注意もしていないにもかかわらず、何かを成し遂げても、マイナスの側面ばかり見つめる人がいる。そんなふうに心をへこますことほどバカらしいことはない」ということを表しています。

最近の心理学に「白黒思考」という用語があります。

わかりやすく言うと、何かをやった時、1パーセントでもうまくいかないと「すべてがダメ」と自己評価を下してしまう思考法のことです。

苦労して書類を作成し、内容も文章もほぼ完璧なのに、一箇所だけ誤字や脱字があるだけで、「この書類はダメだ。提出できない」と考え、破り捨ててしまう人がいたりします。

これなどは白黒思考の典型といっていいでしょう。

世の中に完璧な人などいませんし、ミスは誰にもつきものです。

にもかかわらず、「パーフェクトにこなそう」と考えていては、気も休まらないでしょうし、ストレスもたまってしまいます。

したがって、何事もミスが判明したら、「まあ、これくらいならいいか」くらいの気持ちでいることが大切になってきます。

あるいは客観的に自己採点し、「70~80点が取れれば十分。今の自分にとって、これがベスト」と言い聞かせるようにするのもいいでしょう。

このように自分を必要以上に追い込まないようにすることも、へこまない生き方につながっていくのです。

『勇気がもてる運命の言葉』成美文庫