スヌーピー経営術

スヌーピー経営

世界中で人気のコミックの一つに、『ピーナッツ』があります。

日本では『スヌーピーとゆかいな仲間たち』というタイトルで新聞で連載されたり、アニメになったりしています。

スヌーピーという名前のビーグル犬とその飼い主、チャーリー・ブラウン、二人のかけあいが、クスッと笑えるけど、哲学的な、“深いい話”だったりします。

たとえば、鳥が飛び立つのを見ていて、チャーリー・ブラウンは、

「ここが嫌になったのか」

と思って、さみしい気持ちになりました。

一方のスヌーピーは、

「もっといいエサ場が見つかったんだ」

と言って喜ぶのです。

同じものを見ているのに、両者の反応はまったく真逆になってしまうんです。

(「斎藤一人 白光の戦士」舛岡はなゑ 著 / PHP研究所より)