素敵な大人はアクシデントと遊ぶことができる人

banner02
成功 いいため話
画像:https://www.pakutaso.com/

おいしいものを食べた時には誰でも「おいしい」とリアクションできます。

初めてで味わい方がわからないもの、おいしくないものに出会った時に、その人がどのようにふるまえるかで、その人の遊び力がわかります。

いつも当たりとは限りません。

いつも当たりのところへ行っていると、食の範囲は狭くなります。

たまにはひどい店もあります。

一流でみんながほめている店なのに、「これはちょっとひどいよね」というところがあります。

世間の評価は、どうしてもズレていきます。

お店も1週間あれば味がアップ・ダウンします。

おいしくなかったことも経験、イベントとして楽しむのです。

「おいしかったら楽しいけど、おいしくなかったら楽しくない」

というのは、

「勝ったら楽しいけど、負けたら楽しくない」

というのと同じです。

アクシデントが起こった時に、無頓着ではなく、全然平気で、この後の雰囲気を壊さないようにうまく対処できるのが大人です。

そばで赤ちゃんが泣いていると、「こんな店に赤ちゃんを連れて来るなよ」とムッとしている人がいます。

その人には大人感を感じません。

もし料理に髪の毛が入っていたら、お店の人も泣かせないし、連れの気持ちも害さないようにします。

ここで居丈高にお店の人に怒る男は、女性に対して一生懸命やっているつもりでも、度量を感じません。

そういう時に怒る人は、出入業者が失敗したら、ここぞとばかりに叩きつぶすタイプです。

それは、自分もどこかの出入業者でいじめられているから、そのウップンを晴らしているのです。

サービス業で育つと、常にお店の側の意識があるので、何かミスがあった時には、ここで「お皿に髪の毛が入っていてラッキー」と思えます。

一緒に行った女性も、「料理に髪の毛が入っていたことで、ラッキーだったね」と思える流れにうまくお店の人がやってくれます。

自分でもアクシデントをすべて演出に変えます。

「これがあったから、もうアウト」「今日一日は最悪の日」

と思わないことです。

たとえば、一緒に見ようと思っていた映画が満席だったとします。

「じゃ、見られなかったら帰ろう」

と言ったらそれで終わりです。

「満席で入れなかったからどうしようか」

と次の計画を臨機応変にできることが楽しむということです。

予定でどおり進まない時にどう楽しめるかが本当の「遊ぶ」ということです。

仕事でも、予定どおりにいかなくなった時に、最も力を発揮するのは遊んでいる人です。

一生懸命遊んでいると、仕事でアクシデントが起こった時に対処できる力があります。

そこでキレたりせず、精神的にグラッと来そうなのをすぐに立て直すことができます。

弱い人は、ムッとすることがあると、そのまま一気にドンと落ち込みます。

これでは遊びはできません。

『大人の友達と遊ぼう。』PHP