楽観的な生き方が大切!「楽天的な人ほど行動に移りやすい」

banner02
楽観的 いいため話
画像:http://gahag.net/

人生は楽観的に生きたいものである。

そのほうがやっぱり楽しいからだ。

ところで、楽観的と言われる人、思われている人が、芯から楽観的、楽天的なのかというと必ずしもそうではないのである。

自分は物事を悲観的に考えてばかりいるから、あんなふうになりたいと憧れる人は多いが、そのほとんどの人は肝腎なところが見えていない。

楽観的・楽天的な人にも二種類あるのだ。

中には悲観的な人以上に、物事を悲観的に考える人もいるのである。

何かをするとき、「うまくいかないかもしれない」と考えれば、なかなか行動に移せないのが普通である。

自分が悲観的と思っている人のほとんどは、そこで躊躇していることだろう。

しかし、「うまくいかないかもしれない。でも、それでもかまわない」と思えれば行動に移せる。

これはハナから物事が「うまくいく」「何とかなる」と考えているような楽観性とは違うのである。

こういう人は、実はひじょうに慎重であって、何かをやるときには、いつも最悪の事態になることを考えているのである。

弱気と言えば、かなり弱気なのである。

けれども、たとえばスポーツ選手には、こういう繊細さが必要とされるだろう。

頭まで筋肉でできているようなイケイケ気質の選手は、結局一流になれない。

あるゴルフ記者が、「トッププロほど驚くほど臆病なんですよ」と言うのを聞いたことがある。

そういうものだろう。

いつも最悪の事態を考えるような、悲観的な見方を持つことは、その人の個性というものかもしれない。

その慎重さは悪くない。

しかし、問題はそこから先のことだ。

それは、最悪の事態が起こることを「覚悟」できるかどうかである。

「そういう結果になってもいい。しかたない」

そう思えるかどうかが鍵なのである。

これこそが脳天気ではない楽観というものであり、後悔しない考え方というものなのだ。

『こころがホッとする考え方』

すがのたいぞう 著

すばる舎