明暗の分かれ道 「できない」「むり」「むずかしい」は禁句

banner02
悩み いいため話
画像:dime.jp

なにか新しいアイディアが提案されたり、大きな目標が示された場合、普通のサラリーマンの示す反応はどうだろうか。

たいてい、まず拒否反応をおこす。

だからその答えは「できない」「むり」「むずかしい」といったたぐいのものとなる。

そうして必ず、これこれしかじかだからという弁明が出てくる。

問題によっては確かに、不可能で無理で困難な場合もあろう。

しかし多くの場合それは、固定観念や惰性や自己防衛反応からくる先入主の現われだといってよい。

後ろ向きの態度がなせるわざである。

たいせつなのは、その問題は、どうすれば解決できるか、どうやったら達成できるかを考える前向きの態度である。

この態度の違いは、あらゆる問題を明と暗に二分してしまう。

その問題をこなす能力があるかどうかなどは二の次だ。

その問題に取り組む態度がどうであるかが、まず問われねばならぬ。

_______

「清貧と復興 土光敏夫100の言葉」

出町 譲 著

文藝春秋より