ウォーレン・バフェット「ビジネスとは幸せを売ること」

banner02
幸せ いいため話
画像:woman.mynavi.jp

■顧客を幸せにできない企業は消えてゆく。

ビジネスとは、幸せを売ることだ。

■自分より優秀な人間とつき合うことだ。

行いの良い者を友人に選べば、自分自身も自然と良い方向へ流されていくだろう。

■物を所有することで人生が楽しくなる場合もある。

でも、たいてはそうじゃない。

高価な自家用機があるのは便利だが、家が何軒もあったら重荷だろう。

所有物が多過ぎれば自由が利かなくなるものだ。

健康以外の私の一番の財産は、個性豊かで面白い昔ながらの友人たちだ。

■来る日も来る日も相場の変動に注意を払う必要はない…そんな労力を使っても結果にたいした違いはない。

■「今、買わないと損だ」と言うようなマネージャーは、たいてい嘘つきか、運用下手の未熟者だ。

■賢い人間が破産する一番の理由は「借金」だ。

■酒とレバレッジでしくじる人たちが増えてきた。

レバレッジはイコール借金。

世の中にあまり必要ないものだ。

賢い人間なら、借金せずに大金を稼ぐだろう。

■ある程度の資産があれば、もっと面白い環境に身を置くこともできるだろう。

しかし、それで愛してくれる人が増えるわけでもないし、健康に恵まれるわけでもない。

『バフェット・バイブル』

徳間書店