スティーブン・コヴィー 緊急な活動ではなく重要な活動が大切

banner02
達成 いいため話
画像:wbg.jp

私はセミナーで必ず、「これを行えばあなたの私生活の質を著しく改善する活動が一つあるとすれば、それは何だと思いますか?」と参加者に質問することにしている。

同じ質問を私生活ではなく仕事のことでも尋ねてみる。

参加者のほとんどがすぐに答えられる。

自分が何をしなければならないか、誰でも内心ではわかっているのである。

それから、自分が書き留めた答えについて考えてもらう。

それは「緊急な活動」だろうか?それとも「重要な活動」だろうか?

「緊急な活動」とは、周りの環境やプレッシャー、危機的状況など、外部から要求される活動である。

それに対して「重要な活動」とは、自分の内面の奥深くにある価値観に従った活動である。

参加者が書き留める答えは、ほぼ例外なく、重要ではあるけれども緊急ではない活動である。

そのことを話していると、日頃その活動ができていないのは緊急な活動ではないからだという事実に参加者全員が気づく。

重要な活動のほとんどは切羽詰まったものではないのだ。

そして残念なことに、誰もが緊急中毒になっている。

緊急の用事に対応していないと罪悪感すら覚え、落ち着かなくなるのである。

しかし本当の意味で効果的な人生を生きている人は、単に緊急なだけの活動ではなく重要な活動に重点を置いている。

調査によると、もっとも成功している経営者は重要性を重視し、そうでない経営者は緊急性を重視する傾向がある。

緊急で、しかも重要だという場合もあるだろうが、ほとんどはそうではない。

単に緊急なだけの事柄にひたすら対応するよりも、本当に重要なことに注力するほうがはるかに効果的であることは明らかだ。

_______

「7つの習慣 ファミリー」

スティーブン・R・コヴィー 著

キングベアー出版より