武田双雲「リアクションの天才」

武田双雲

リアルタイムでハッピーを味わいつくす達人に、書道家の武田双雲くんがいます。

双雲くんは感謝とリアクションの天才です。

彼の様子を見ていると、周りの人も何だかうれしくなってしまいます。

たとえば一緒にごはんを食べに行ったりすると、双雲くんは、料理を食べた瞬間「う…うまい!」とか言って、箸を落とすんです。

周りに人がいっぱいいるお店で、このオーバーリアクション!

ごはんの時だけじゃありません、雨が降ってくると、「この水の感触…最高!」とか、いきなり言います。

僕はいつも、ちょっとびっくりしてしまうんですけど、そんな時の双雲くんは、とっても幸せそう。

そして、そんな彼を見て、僕も何だか楽しい気持ちになってきます。

こう話すと、皆さんは少し驚いてしまうかもしれません。

でも、僕たちはみんな、子どもの頃は双雲くんみたいに「今、目の前にあるラッキー」をキャッチする達人でした。

滑り台を発見すると、「滑り台滑りたい!」って思った瞬間、駆け出して、僕たちは全力で「今ここにあるハッピー」を味わいつくしていたと思います。

好きなことって、いつも理屈では決まらないものです。

でも、子どもから大人になるにつれて、「好き」という感情を正当化するために、いろいろな理屈をこねるようになっていきます。

テストでいい点数を取るとか、知識を身につけるとか、偏差値の高い大学に入るとか、高い収入を得るとか、そういう「定量化・数値化できる幸せ」の総量を増やすことが正義、という価値観がインストールされていくからです。

すると、かつてあった「今あるハッピーを感じるセンサー」が鈍くなっていきます。

実はこれって、運気を下げるもとなんです。

なぜなら僕たちは、心が目の前に運ばれてきた「運」を気持ちよく受け取る状態に切り替わっていないと、ご機嫌に受け取れないからです。

楽しく受け取れなければ、ハッピーもラッキーも、やってきません。

子どもの頃は「行動すること自体」が目的でした。

はしゃいだ瞬間、うれしいことや楽しいことがどんどんやってきていました。

だから、僕たちって本当は生まれながらに「超強運」なんです。

でも、成長するにつれて「行動すること」ではなくて、「知識を身につけること・頭で考えること」を目的にするようになります。

知識や思考って、目的じゃなくて、行動した時にスムーズにいろいろなことを進めていくための、「手段」だったのに、不思議ですよね。

幼い頃のように「なんか知らないけど、目の前にあるハッピー」を味わう、ニュートラルな自分に戻ると、「運」が舞いこんできます。

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』SB Creative