明石家さんま「自分の名前で勝負すること」

banner02
明石家さんま

尊敬する明石家さんまさんとは、出会ってからかれこれ25年になります。

そのためか僕はよく、人から「さんまさんって恐い人ですか」と聞かれるのですが、そういう時には「めちゃくちゃいい人だけど、めちゃくちゃ恐い」と答えるようにしています。

いい人であることに説明は要りませんね。

では、なぜ恐いのか。

それは、ご自分の名前で番組を背負(しょ)ってるからです。

さんまさんは1992年から2014年まで、TBSの『さんまのSUPERからくりTV』という番組をやられていましたが、もし「 『さんまのSUPERからくりTV』がつまらない」となると、「さんまさん自身がつまらない」ことになってしまいます。

自分がMCの番組をやる、つまり番組を背負うのは、他の番組にゲスト出演する時とはわけが違う。

だから番組作りにはものすごく厳しく、その厳しさが時に「恐い」という印象を周囲に抱かせるのです。

自分の名前で勝負しているから、あらゆる瞬間に必死。

当然、番組への理解力もコミット力も半端ない。

それがおろそかになったが最後、番組がつまらなくなり、自分の名前に傷がつく。

さんまさんは、そんな危機感から番組作りに厳しくなり、同時にそうすることでご自分の運も上げ続けています。

つまり、「運を上げる」とは「自分の名前で勝負すること」。

それは、あらゆる物事を「自分ごと化」することと同義です。

僕は、世の中で一番時間を守らないのは普通のサラリーマンだと思っています。

僕にも経験がありますが、たとえば取引先との会議。

前々から朝10時からだと決まっているにもかかわらず、「ちょっと別件で部長は遅れておりまして」「担当がちょっと風邪で来られません」などと、悪びれもせず言われたりします。

タレントさんだったら、「ちょっと別件」や「ちょっと風邪」で来ないなんてことは、絶対にありません。

よく番組などでタレントの遅刻がネタになっていますが、実は芸能界ほど時間を守る業界はありません。

なぜならタレントたちは皆、自分の名前で勝負しているからです。

一回でも遅刻をすれば評判は落ちますし、多くのスタッフに迷惑がかかる。

本当に仕事にならないのです。

サラリーマンが遅刻するのは、自分の名前で仕事をしていないから。

名刺に刷られている会社名に甘えて仕事をしているだけです。

この甘えは、相手に無理を押し付けざるをえない時の一言にも現れます。

「すみません、こっちも仕事なんで」「一応、そういう決まりでして」という人はどこか責任を所属組織のせいにしていて、自分の名前で仕事をしていません。

若い人が「偉い大人の事情で…」などと言って、何かができないことを言い訳にするのも同じです。

自分の名前で仕事をしていれば、「僕の顔に免じて許してください」という言葉が出てくるはず。

自分の名前で勝負をしていないうちは、運が開きません。

会社にしても自分の名前で仕事をしている人には運が訪れますし、芸能界でも事務所の権威を振りかざして仕事をしている人からは、運が逃げていくのです。

『運の技術』あさ出版