人は理では動かず情で動く

人間関係 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

田中角栄が首相当時、年賀状は八千枚がきたという。

だが、私が感心したのは年賀状の枚数ではない。

分刻みのスケジュールをこなす超多忙の角栄が、八千枚のすべてに目を通し、返信を代筆する秘書に添え文を逐一指示したという、そのマメさに驚くのだ。

印刷文だけの年賀状ほど味気ないものはない。

ところが、たった一言でも「あなたに宛てたメッセージ」が記されていれば、それだけで嬉しくなる。

角栄にしてみれば「一人対八千人」であっても、差し出した人にしてみれば角栄と「一対一」だ。

だから「あなたに宛てたメッセージ」が活きてくることになる。

政治家を政治家たらしめているのは、有権者だ。

選挙民の一票によって支えられている。

サルは木から落ちてもサルでいられるが、政治家は選挙に落ちたらタダの人になってしまう。

だから角栄は、どんなに忙しくても八千枚に目を通し、添え文を指示する。

「年賀状一枚=一票」という発想があったのだろう。

年賀状に限らず、角栄の人心収攬(じんしんしゅうらん)において「返事」というのは重要なキーワードになっていることがわかる。

政治家は、陳情など「頼まれること」が仕事だが、政治家はオールマイティではない。

得手(えて)の分野もあれば不得手もある。

“陣笠議員”など、うまくいかないことのほうが多いだろう。

しかし、力がないと思われたくないため、ノーになった結果は自分の口から伝えたくない。

「あの件、どうなりましたでしょうか?」

頼まれた相手から催促されて、

「それが、なかなか…」

返事を濁したり、シカトしたりする。

これでは人の心はつかめないと、角栄は言う。

「必ず返事は出せ。たとえ結果が相手の思いどおりでなかったとしても、『聞いてくれたんだ』となる。これは大切なことなんだ」

頼み事をしたからといって、うまくいくとは限らない。

頼んだ相手も、それは承知の上だ。

だから心すべきは、結果よりも、誠意を持って動いたかかどうか、ということだ。

「なんだ、口先ばかりで、何もしてくれなかったじゃないか」

となれば、人間として信頼を失う。

「うまくいかなかったけど、誠心誠意、よくやってくれた」

となれば、相手は感謝である。

人から頼まれごとをされたときは、結果が出次第、返事は必ず自分でする。

言いにくい結果であればあるほど、きちんと返事をしてくれたことに対して、相手は誠意を感じるものなのだ。

引用:人は理では動かず情で動く
向谷匡史 著
KKベストブック