やり続けることで大きな成果を上げる

考え方 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

ニュートンは重力の法則を導き出すために、

40年もの歳月を観察と計算と照合に費やし、こう言っています。

「私が成し遂げられたのは、忍耐強く考えられたからだ」

スコットランドの経済学者アダム・スミスは、

「国富論」を書くのに10年をかけました。

ノア・ウェブスターは辞書の編纂に36年費やしました。

ダーウィンの進化論は、彼の生涯をかけた辛抱強い努力の末に発表されたものです。

ベートーベンは、ほとんどの楽曲を

何度も書き直して完成させたといわれています。

エジソンは、電球を発見するまでに

1万回の失敗を重ねました。

忍耐力をつけ、“気長にやる”ことが

できるようになると、人生はもっと楽しくなります。

元気が蓄えられ、いらいらが解消し、偉業を達成することもできます。

引用:100人に1人も実行していない「成功地図」の読み方
ロバート コンクリン著
三笠書房