名前を呼んでますか??

名前 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

あなたは最近、自分の名前を自分自身によって口に出しているだろうか。

普通の社会人であれば、長らく自分で自分の名前を呼んでいないと言う人が大半を占めるだろう。

心が弱っているときに、自分の名前を大きな声で3回呼ぶのだ。

照れくさかったら、太陽や月、海、山といった自然に向かって叫ぼう。

自分の原点である名前を口にすることで、自尊心がよみがえり、パワーがわいてくる。

ミスをした、上司に叱責された、同僚に出し抜かれた、いいアイデアが浮かばないなど、自信を喪失し、前に進む心境になれないとき、ぜひ試してほしい。

名前には、口に出すだけで運気が上がるパワーがある。

幼少時から○○君、○○ちゃんと呼ばれ、そのたびに振り向いて答え、親や周囲との人間関係を作ってきた。

その回数は数万回にも及ぶ。

言霊と言われるように、人に呼ばれ続けてきた名前にはそれだけで強力なパワーが宿っている。

相手の名前を呼ぶこともとても重要なことだ。

コピーを頼むときでさえ、常に名前を呼ぶべきだ。

あれこれ言葉を尽くすより、名前を呼ぶ。

それだけで、相手の意識をこちらに引きつけることができる。

だから、相手はあなたから「正式に仕事を頼まれた」と自覚し、その仕事を最優先で片づけてくれるようになる。

言うまでもなく、商品名やタイトル名、プロジェクト名、会社名なども、ネーミングが成功を左右する。

名前をつける際のポイントをひとつ。

字面より響きを重視すること。

文字だけ見て、あれこれ考えるよりも、発音してみて耳で聴く。

そのときに印象に残るほうを選ぶことが大切である。

視覚より聴覚を優先してネーミングすれば、覚えやすく、人から呼ばれやすい名前となってパワーが高まり、成功へと結びついていくのである。

引用:仕事運の法則
瀧 天貴 著
WAVE出版