和田秀樹 「自分は自分 人は人」

banner02
考え方 いいため話
画像:http://free-images.gatag.net/

「もう始めるのか」とか、「ずいぶんやる気だな」といった冷やかしや皮肉のことばは気にしなくていいです。

というより、自分が真っ先にスタートしてみればわかることですが、そういった周囲の反応はかえって気分がいいのです。

「イチ抜けた」と思えるからです。

(中略)

いまやることがわかっているときは、すぐにスタートさせる。

それを実行するためには、こころの「弾み」のようなものが必要です。

スタートさえ早くすればいまよりもっと「できること」が増えてくるということです。

スタートが遅い人は、どんなに追い込みのパワーがあってもその日に「やること」をやり遂げておしまいです。

でもスタートさえ早ければ、「やること」を終えたあとでもう一つ、何か「できること」にも手を伸ばせます。

引用:自分は自分 人は人
和田 秀樹 著
新講社ワイド新書