植松 努 「楽をすると無能になる」

banner02
植松努 いいため話
画像:http://the-liberty.com/

大学を卒業したあと、ぼくは本格的に飛行機とロケットにかかわります。

はじめて職場を訪ねたとき「このフロアは堀越二郎が働いていたところなんだよ」といわれました。

憧れていたゼロ戦の設計者と同じフロアで仕事ができるなんて、まさにぼくの母さんがいっていたとおり「思うは招く」だと思いました。

ぼくはこの仕事が大好きでした。

夢がかなった!と思いました。

でも、5年半で辞めました。

なぜなら飛行機になんにも興味のない人が、どんどん会社に入ってきたからです。

彼らは新しい仕事の依頼がくるたびに、「やったことがないからできません」「勉強してないからできません」といって断り続けました。

ぼくが「なんで『できない』ってばっかりいうの?」と聞いてみたら、

自信たっぷりに「『自分には無理です』っていっておけば、楽ができるから」というんです。

「おんなじ給料をもらうんだったら、新しい仕事なんてやらない方が得じゃん」というんです。

「だからできないふりをしなよ」と教わりました。

でもぼくはせっかくのチャンスだから、いい飛行機を作りたいのです。

だからがんばります。

でもがんばればがんばるほど、どんどん空回りをして、まわりから浮いていきます。

「よくやるわ」とさんざんかげ口をたたかれました。

ぼくはやがていい仕事ができなくなってきて、その会社を辞めることになってしまいました。

そのうち、その部門はなくなりました。

そして楽をしていた人たちはみんな仕事を失いました。

やっぱり楽はしない方がいいと思いました。

楽をすると“無能”になるからです。

考えてみてください。

能力というものは、失敗するか成功するかの「経験」によって身につきます。

「楽をする」ということは、つまり「その経験を避ける」ということです。

だからずっと楽をしていたら、自動的に無能になって、誰からも見向きもされなくなります。

もったいないです。

人生の価値は、「誰にほめられるか? いくらもらえるか?」では決まりません。

「自分の給料はこれくらいだから、これくらい手を抜いておこう」なんて考えはじめたらその通りの、額面通りの人間になってしまいます。

そんなものは人生の価値じゃないです。

人生の価値は、人生の時間を使って得た自分自身の経験で決まります。

人生なんて一回しかない。

それなのに最短コースをえらんだら、一瞬で終わっちゃうじゃないですか。

いっぱい寄り道した方が得だと思いませんか。

いっぱい人に出会ったらいいです。

いっぱいいろんなことやったらいいです。

それこそが棺桶に入る瞬間の、自分の価値になります。

一生懸命いろんな経験をしてほしいです。

もしなにかに迷っちゃったときには、「自分は楽を選んでいないかどうか」だけを気をつければいい。

そうしたらきっと間違えないで、今より前に進むことができると思います。

引用:空想教室
植松 努 著
サンクチュアリ出版