あなたは「100円のボールペンと10万円のスーツ」のどちらが必要ですか??

考え方 いいため話
画像:http://gigaplus.makeshop.jp/

モノの価値というのは、人それぞれです。

生き方や仕事、趣味によって変わってきます。

それは決して値段ではありません。

毎日ペンを使って稼ぐ人もいれば、パリッとしたスーツを仕事の武器にしている人もいます。

前者の場合はペンに価値があり、後者の場合はスーツに価値があるのです。

あなたの持ち物のなかに、毎日使う100円のボールペンと、2年前に一度だけ着た10万円のブランドスーツがあったとします。

このボールペンとブランドスーツ。あなたはどちらに価値があると思いますか。

「もちろん、10万円のブランドスーツに決まっている!」と考える人が大半でしょう。

私はそうは思いません。

100円のボールペンも10万円のブランドスーツも、生活を豊かにするための道具であることに変わりはありません。

では、道具はなんのためにあるのでしょう。

「使う」ためにあるのです。使わないモノに、道具としての価値はありません。

つまり、使用頻度が高ければ高いほど、モノとしての価値があるのです。

引用:「モノを持たなければお金は貯まる」
あらかわ菜美 著
WAVE出版