斎藤一人 「人生に成功したい人が読む本」

斎藤一人 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

千葉の神崎にある、「ゆうゆう」さんという喫茶店に行ったとき、そこの店主の妹さんが、こんなこと話してたの。

「わたしはね、来世、ディナーショーを開きたいのよ」

要するに、歌をうたって聴かせたいんだ、ということなんだ。

オレ、その話を聞きながらね、「なんで今、ディナーショーやんないの?」って。

やりたいことを来世にとっておく必要が、どこにあるんだろうか。

ディナーショーは歌手がやるもの、みたいな観念があるんだよ。

世の中、歌でも絵でも、なんでもそうだけど、天才みたいな人がいるでしょう。

ウマさでいったら、素人は天才にはゼッタイ勝てないの。

だけど、素人がやることだから、みんなで楽しめる、ということが成功なの。

それを、素人だからディナーショーは無理だと言う。

盛り下がるようなこと言わないでよ、って(笑)。

それでオレ、「ディナーショー、今年やっちゃお!」って、妹さんに言ったの。

そしたら、すぐ、その場で仲間が電話したら、ついてることに、成田のホテルを借りられることになって、翌月にディナーショーをやることになった。

当日はね、市長さんや町長さん、いろんな人がきて、まぁ、にぎやかで楽しくて、歌もすばらしかったしね。

オレね、その日、はじめてその人の歌を聴いたの。

それまで一回も聴いたことないのに、「ディナーショーやりな」って(笑)。

でも、あのとき「やろう」と言って、よかったと思う。

だってさ、そこの会場にいた人たち、みんな、ニコニコ楽しそうにしてたし、本人もスゴくしあわせいっぱいな顔しててさ。

それ以来、年に一回ディナーショーをやるようになったんだよね。

な、人間って、おもしろいだろ。

たった一個のシバリをとってあげただけでも、あとは勝手にスイスイ、スイスイ、行っちゃうんだもんな。

いつも、言うことだけど、おもしろいことって、待ってるだけじゃ、まず起きないからな。

ものって、自分から起こしていくものなの。

自分がまずおもしろいことやって、おもしろく生きるんだよ。

自分がおもしろいことはじめたら、おもしろい人たちが集まってくる。

だから、ものっていうのは、「やる」ことが先なの。

ウチのみっちゃん先生(一人さんの弟子の一人で、まるかん社長のみっちゃん先生)だって、オレが「先生」ってつけてから、なんの先生になるかを考えたんだから(笑)。

とりあえず、「先生になる」が先なんだよ(笑)。

で、あとから「なにやる?」ってみっちゃんに聞いたら、「占いやりたい」って言ったんだよ。

だから、占いをやって、みっちゃん先生になったんじゃないの。

「みっちゃん先生」という名前をつけてから、なにをやるかを考えたんだよ。

ともかく、やればいいの。

この星は行動の星だから、行動しないと、なにもはじまらないんだから。

引用:人生に成功したい人が読む本
斎藤一人 著
PHP研究所