曽野綾子 「それぞれの山頂物語」

banner02
考え方 いいため話
画像:http://camera-beginner.sakura.ne.jp/

三メートルしか歩けなかった人が、

百メートル歩いたら、

それはエベレストに登ったことと同じかもしれない。

人にはそれぞれの山頂がある。

神はそれを個別に見守る役である。

もし神がなかったら、百メートルしか歩けない人は死ぬまで一人前でないことになる。

しかし、神の評価で見ると、その人は最高の登山者なのだ。

私たちが受ける寄付には、よく手紙がついて来る。

多額の人にも少額の人にも、それぞれの思いがこめられていて、

私はそれぞれの山頂物語を聞く思いで感動している。

引用:それぞれの山頂物語
曽野綾子 著
講談社