安らぎから発する行動と、思考に責め立てられた行動には芳しい違いがある

banner02
行動 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

何をしたらいいかはっきりしない時には、

何もしないことをお勧めする。

次にすることがわからないのなら、

有意義な行動の前に、見出すべきもの、

あるいは学ぶべきことがあるのかもしれないからだ。

そうした状況では、一歩下がって内面を向き、内なる大いなる力に導きを求めるのだ。

もし何かをしないでいられないのなら、心を安らかにさせることだ。

それは何につけても大切な基盤に立つことになるから、

正しい行動はついてくるだろう。

怖れやパニックで行動する者は、単に闇を深くするだけだ。

しかし、安らいだ心で行動する者は、内なる知という静けさからくる言葉や行動で、光を増すのだ。

安らぎから発する行動と、思考に責め立てられた行動には芳しい違いがある。

引用:人生の答えはいつも私の中にある
アラン コーエン 著
ベストセラーズ