鈴木光司 鈴木美里 「野人力」

banner02
サービス いいため話
画像:http://www.gatag.net/

先日、居酒屋の予約の際も一悶着ありました。

「○月○日に、個室を6人で利用したいんだけど、個室、空いてますか?」

と新橋の居酒屋に電話したら、「空いている」と言う。

それじゃあと、予約を取ろうとすると、「お料理の注文をしていただけますか?」と言ってきました。

「料理の注文も何も、集まってくる野郎どもが何を食いたいのか、

今からわかるわけがないから、行ってから決めるよ」

「それではご予約できません」

「できない!?その理由は何ですか?」

「3つのコースの中から、ひとつ選んでいただくことになっています」

「コースを選ばなきゃいけない理由を教えてよ」

「お客様をお待たせしないように料理を出すためです」

「いやオレたちは酒飲みだから、酒を飲みながら料理を待つのはまったくかまわない。

むしろゆっくり料理が出たほうが、ありがたい」

この時、電話の向こうで固まったのがわかりました。

しばらく間があって、店員はようやく言葉を絞り出しました。

「ちょっとお待ちください。上の者に確認します」

電話を代わった「スタッフ・リーダー」なる人物は、

最初に電話に出た店員とまったく同じ会話を繰り返し、最後にこう言い放ったのです。

「少々お待ちください。店長に確認します」

予想通り、店長もまったく同じ会話を繰り返しました。

このままやりとりを続けていると、さらに上の人間を呼び出しそうだったので、予約をしない旨を告げ、電話を切りました。

引用:野人力
鈴木光司・鈴木美里 著
小学館新書