北野武「新しい道徳」

北野武 いいため話
画像:http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/

「いいこと」は、簡単に「悪いこと」になる。

ということは「いいこと」の集大成みたいな「道徳」の内容だって、時代と一緒に変わっていかなきゃおかしいのだ。

ところが世の大人は、自分が子どもだった頃の、昔ながらの「道徳」を子どもに押しつけたがる。

「いいこと」は永遠に不変だと信じているからだ。

そうやって大昔から、年寄りというものは、若者の行儀だの道徳観だのに難癖をつけ続けてきた。

エジプトのピラミッドだか神殿だかに、象形文字で「今の若い者はなってない」という落書きがあるという話もあるくらいだ。

もしそれがほんとうなら、今頃は若者の行儀も道徳観も、とんでもないことになっていなくちゃいけないはずだ。

だけど、実際にはそうなっていない。

世の中の変化とともに、人や世界とのつきあい方が少しずつ変わっているだけのことだ。

世の中は別に悪くなんかなっていない。

子どもたちの道徳観念が乱れているわけでもない。

いやむしろ、より道徳的になっているといってもいいかもしれない。

引用:新しい道徳
北野武 著
幻冬舎