斉藤茂太「鵜の目 鷹の目」

斉藤茂太 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

人生を楽しくするのは、気分の切り替えひとつである。

楽しいことを見たり、やらなければ損だと思うこと。

鵜(う)の目鷹(たか)の目で、楽しいことを探しているうちに、日々が楽しくなるものだ。

楽しくなれば、笑いは自然に増大する。

笑いの増大はイコール健康の増大である。

もって、人生は笑うべし。

これが前向きの人生のコツである。

思えば、私はずっとこの「主義」でやってきた。

そのせいか「斎藤はしょっちゅうニヤニヤしている」とか、「のほほんとしている」などといわれるのだが。

私はたいしておいしくない食事やお酒でも、必ず「うまい」っていってみる。

すると、不思議なことにほんとうにおいしくなってくるものである。

自己暗示といえば自己暗示だし、人間の舌などそのように曖昧なものであるともいえるのだが、ともかくなにごとも前向きにとらえる。

人生を楽しく生きることは、ほんとうに大切なことである。

そのためにはアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズがいっているように、「人間は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのである」ということを実践することである。

笑いを求める人生は、楽しくまた健康の元であるというのは、私の長年の持論である。

引用:斉藤茂太 著
『いい人生には「生き方のコツ」がある』だいわ文庫