物乞いが翌日からお金をもらえた魔法の言葉

物乞い いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

アンドレ・ブルトンがニューヨークに住んでいたとき、いつも通る街角に黒メガネをかけた物乞いがいました。

首に下げた札には、

【私は目が見えません】

と書いてありました。

彼の前には施し用のアルミのお椀が置いてあるのですが、通行人はみんな素通りして行きますから、お椀にコインはいつもほんのわずかしか入っていませんでした。

ある日、ブルトンは物乞いにその札の言葉を変えてみたらどうか、と話しかけました。

物乞いは「旦那のご随意に」。

ブルトンは新しい言葉を書きました。

その日からというもの、通行人たちから物乞いに慰めの言葉がかかるようになり、お椀にコインの雨が降りそそぐようになりました。

物乞いには優しい声やコインの音が聞こえます。

数日してブルトンが通りがかりに声をかけると、物乞いは待っていたように訪ねました。

「旦那はなんと書いてくださったのですか」。

下げ札にはこう書いてあったのです。

【春はまもなくやってきます。

でも、私はそれを見ることができません】

引用:名作コピーの教え
鈴木康之 著
日本経済新聞出版社