諸富祥彦「私たちに最も力を与えてくれる視点」

死 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net

私は、私たちに最も力を与えてくれる視点は、

「“自分はいつ死ぬかわからない”

という動かしようのない事実を

たえず思い出しながら生きること」

だと考えています。

私たちは、自分がまだ何十年も生きると思えばこそ、

つまらないことにこだわってしまうのです。

地位や名誉、世間体などを気にして悩んでいられるのも、

まだかなり生きると思っているからです。

でも、もしも自分が、あと一年しか生きられない、

1年後には確実に死ぬと、と想定したらどうでしょう。

のんびりしてはいられないはずです。

他人の目や世間体を気にするのはやめて、

自分自身にとって本当に大切なことを優先して、

生きていこうと思うのではないでしょうか。

引用:「他人の目」を気にせずに生きる技術
諸富祥彦 著
大和出版