ロリー・バーデン「自分を変える一つの習慣」

banner02
習慣 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

正しい行いは、成功の喜びを高めてもくれます。

マラソンを完走した人が飲むコップ1杯の水は、途中棄権した人が飲む1リットルの炭酸飲料よりも甘い味がします。

何であれ物事を正しい方法で成し遂げることで、遅かれ早かれ、私たちは大きな報酬を得るのです。

正しい行ないをすると、清々しい気持ちになります。

清々しい気持ちでいると、思考も明瞭になります。

間違った行ないをすると、嫌な気持ちになります。

嫌な気持ちでいると、思考は曇ります。

恥や不安、恐怖などで心が曇っていると、モラルを欠いた行為に簡単に手を出してしまうようになります。

こうして間違った行ないが積み重なることで、人生は台無しになっていきます。

逆に、「正しい行ない」という小さな勝利を積み重ねていくことで、偉大な人生がつくられていきます。

引用:自分を変える一つの習慣
ロリー・バーデン 著
児島修 訳
ダイヤモンド社