川北義則「いつでも、逆に考えるとうまくいく。」

山火事 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

自然の世界にはムダがない。

必ず、何かの意味がある。

例えば、森林で山火事が起きる。

人間の目から見ると、火事は困ったことだから消そうとする。

でも、消してはいけない山火事もあるのだ。

人間は長い間、その事実を知らなかった。

消す技術を進歩させる知恵は持っているが、

山火事の意義までは気づかなかったのである。

1988年、アメリカの西部イエローストーンで、

まれにみる大規模な山火事が発生した。

とても人力で消せるようなものではなかった。

原因は自然発火だった。

火事の後、さまざまな調査が行われた。

それまでこの地域で起きた自然発火による火災は、

森林管理官の努力によって、徹底的に抑えられてきた。

なぜ今度の火災を防げなかったのか。

調べているうち、意外な事実が浮かび上がってきた。

それは

「小規模な山火事を丹念に消したのがいけなかった」

ということだった。

火事を消してどこが悪い?普通に考えればそうなる。

だが森林の場合は、自然発火による小規模火災は起きた方がいいのである。

自然に起きる火災は樹木の世代交代を可能にする。

老木が燃えて若い木が育つ機会を与えてくれる。

それがないとどうなるか。

老木が若い木にとって代わられることがなくなり、

枯れ草や落ち葉ばかりが積もる。

その結果、森林全体が燃えやすい状態になってしまうのだ。

その状態で自然発火が起きると、大規模火災となり、森林全体を燃やしてしまう。

もし小規模火災を適当に起こさせておけば、

大規模火災は起きないというわけだ。

何においても、ガス抜きは必要ということだ。

引用:いつでも、逆に考えるとうまくいく。
川北 義則 著
PHP研究所