川北義則「マイナス思考は悪いのか」

不安 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

そもそも人間は、

自分の身に起きる現象の7~8割はマイナスに受け止めるという

基本的にマイナス思考の存在だ。

生き延びるためには危険を察知しなければならない。

不安、心配といったマイナス思考は、

危険察知のために必要不可欠な能力なのである。

だが一方で、不安や心配は人間を臆病にし消極的にする。

やれることもやらないで、

人生を楽しめないものにしてしまうのも、不安や心配なのだ。

将来への不安というものは、

どんなに条件が整っても、必ずつきまとう。

将来の不安とか、先行き不透明とか、とかく評論家は、

そんなことを口にしがちだが、

将来が安心で、

先行き透明な時代が今まであったかと問いたい。

引用:いつでも、逆に考えるとうまくいく。
川北 義則 著
PHP研究所