斎藤一人「すべてがうまくいく上気元の魔法」

いいため話 托鉢
画像:http://free-photos.gatag.net/

昔、お釈迦さまが、これから托鉢にでかけようとするお坊さんに、こんなことを言いました。

「貧しい人のところをまわりなさい」

托鉢は、修行しながらごはんやお金をもらいにいくことですから、

お金持ちのところに行ったほうが、たくさんもらえるんです。

でも、お釈迦さまは「貧しい人のところをまわりなさい」 と言った。

それで、そのお坊さんは、インドのスラムのような人のところをまわって歩きました。

そうすると、自分たちもろくに食べられないような人が、ちょっとずつ、ご飯を恵んでくれるんです。

一人がスプーン一杯分ぐらい。

それで、何カ所まわると、やっとおちゃわん一杯分のごはんになる。

お金持ちの家に行けば、一カ所でおちゃわん一杯分のごはんをもらえるでしょう。

でも、お釈迦さまは「貧しい人のところをまわりなさい」 って言ったのです。

「それはなんでですか?」 ってお坊さんが聞いたときに、お釈迦さまはこう答えたそうです。

「貧しい人は、もらうことばっかり考える。それでは何も変わらない。
人は、人に恵むようになったときに、初めて救われる」

貧しさに苦しんでいる人でも、スプーン一杯でも人に恵むようになったとき、その人の運勢が変わるんです。

だから、お釈迦さまが「托鉢で貧しい人のところをまわりなさい」 って言ったのは、

貧しい人の運勢が、人に恵み出したときに変わるということなのです。

いま困っている人ほど、人を助けることを考えてはどうでしょう。

そのとき、あなたの運勢が変わって、いまの状況から抜け出すことができるのです。

引用「すべてがうまくいく上気元の魔法」
斎藤一人 著