千田琢哉「あなたが人とお金を集めたいなら」

いいため話 女性
画像:http://free-photos.gatag.net/

「みんなが見ている方向ではなく、見ている人を見る」

もしあなたが魅力的なアイデアを出しながら、人とお金を集めたいのであれば、ぜひ憶えておいてもらいたいことがある。

何かハプニングがあった際、野次馬になって一緒に騒ぐのではなく、野次馬たちの表情をきちんと観察することだ。

バーゲンセールや無料試飲会が実施されていたら、その群れの中で争奪戦を繰り広げるのではなく、群れを観察することだ。

もちろん、参加者として楽しむ機会があってもいい。

だが、人生のすべてにおいて参加者であり続ける限り、成功はできないのだ。

どんな世界でも参加者99に対して、仕掛け人の比率は1だ。

99の参加者が仕掛け人の1に対して、お金をどんどん運んでくる。

99の参加者はいつまで経っても払い続ける立場であり、1の仕掛け人はいつも回収する立場だ。

結果として、

99の参加者は貧乏のままであり、1の仕掛け人は富んでいく。

これが紛れもない事実なのだ。

一度でいいからその他大勢の群れから飛び出して、じっくり観察してみよう。

必ずそれを観察している人間と目が合うはずだ。

目が合った人間は、仕掛け人だ。

人はどんなことに対して、どんな表情を見せるのかを憶えていくことだ。

人の喜怒哀楽を生で感じる経験は、これからの人生で強烈な武器になる。

政治も経済も、すべては人の喜怒哀楽で動いているからだ。

“その他大勢から飛び出して「観察者」の目を養おう”

引用:千田琢哉 著
『たった2分で、自分を変える本。』Gakken