第1次南極大陸越冬隊長 西堀栄三郎「事前調査と仕事術」

いいため話 西堀栄三郎
画像:http://tanken-n.com/

何か新しいことをする時には、まずそれを、やるかやらないかを決めることが必要になる。

その場合、まず事前によく調査してから決めよう、というやり方をすることがある。

また、しくじったりすると、事前の調査が不十分だったからだといわれることがある。

十分調査しておかないから失敗する、という考え方である。

しかし私は、そんな考え方では到底新しいことはできないと思う。

やるかやらないかを決心する前に、こまごまと調査すればするほど、やめておいた方がいいんじゃないかということになる。

“石橋を叩いて渡る”とか“渡らん”とかいうけれども、石橋を完全に叩いてから、渡るか渡らんか決心しようなんて思っていたら、おそらく永久に石橋は渡らんことになるだろうとおもう。

完全にリスクを防止できる調査なんて、できるはずない。

新しいことには、リスクがつきもので、だからこそ新しいのである。

引用:「石橋を叩けば渡れない(新版)」
西堀栄三郎 著
生産性出版