平井伯昌「一流と二流の違い」

banner02
いいため話 北島康介
画像:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

“一流の人”と“二流の人”の違いについて、

北島康介選手や寺川綾選手のコーチを務め、

競泳日本代表のヘッドコーチである“平井伯昌”さんはこう言います。

_______

一流と二流の違いというのは、

「こんちくしょう、こんなところで負けてたまるか」

と思うのか、

「誰も見ていないから、もう今日はいいや」

と思ってしまうのか。

妥協しない日々を積み重ねられるかどうかの差だと思います。

_______

「突破論」

平井伯昌 著

日経BPより
_______

あるお坊さんに聞いたお話ですが、

お寺での修業時代、何が一番辛かったかというと、

過酷な座禅や滝に打たれるような修行よりも、

毎朝の“そうじ”だったそうです。

毎朝早く起きて、決められた掃除場所を綺麗にしていくのですが、

そのときは誰も監視していないので、

サボろうと思えばサボれる状況だったのです。

誰も見ていない中、寒い冬もはやく起きて掃除をし、誰も評価してくれない中やり続ける!

これが一番の修行だったと言います。

日々、指導者が見てくれている時は大丈夫だと思いますが、

誰も見ていないときこそ頑張れるか?サボるのか?

この差が“一流の人”と“二流の人”の差になっていくのですね・・・

引用:「魂が震える話」ブログ