斎藤一人「自分の人生は喜劇」

いいため話 喜劇
画像:http://free-photos.gatag.net/

一人さんは「自分の人生は喜劇」と決めてるの。

だから、オレの人生、おもしろくてしょうがない。

何が起きてもおもしろいんだよ。

だって、オレは、喜劇なんだよ。

だけど、なかには「悲劇」と決めてきている人もいる。

そういう人の人生って、なんでも悲しくて、何しても泣くんだよ。

だけど、その悲しいドラマ、本当は、いとも簡単に変えられるの。

脚本、変えればいいんだよ。

それで、オレたちはね、主役で脚本家なんだよ。

だから、一人さんは、たとえ、ものすっごい苦労がきたって、「笑い」なんだよ。

ふつうの人なら自殺しちゃうようなことでも、オレだったら大笑いなんだよ。

なぜかというと、「喜劇だ」って決めてるから。

だから、おかしくてしょうがない。

いろんなことが起きるとね、おもしろくてしょうがないんだよ。

この世の中ね、おもしろいと決めれば、全部おもしろいんだな。

だから、みんなも、自分の人生、自分で決めたほうがいいよ。

自分の人生な、成り上がりでもいいんだよ。

ウチにはお金がないんです…ということは、成り上がりになれるんだよ。

あのな。

昔から、代々お金持ちの家はお上品、と決まってるんだよ。

オレたちは成り上がり。

成り上がりには、成り上がりのよさ、というのがあるんだよ(笑)。

外車を買って、いい女を隣に乗っけて、って、成り上がりじゃなきゃできないことがあったりするんだよな(笑)。

それをいちいち「自分は成り金だから」とか、いっちゃいけない。

成り金は、お客さんを喜ばせて利益を出して、雇用を作って、って。

正当なる努力をして成り金になったんだから、エライんだよ。

人生は、楽しむ気になりゃ、どんなことをしても楽しめるんだよ。

だから、自分が主役、主導権を握ってないとダメだな。

引用:『斉藤一人 自分さがしの旅』
KKロングセラーズ