斎藤一人「損して得取れの本当の意味」

いいため話 斎藤一人
画像:http://free-photos.gatag.net/

ほとんどの人は、「損して得取れ」の意味を履き違えています。

たとえ損をしても、お客さんを集めればいいんだ、と思っている人がいるけれど、

商人が損をしていたら、大手でもない限り、つぶれちゃうよ。

「損して得取れ」は、そういう意味じゃないの。

「おばあちゃん、どう、元気にしてる?」

これ、自分の労力だけで、一円もかかりません。これを黙々とやるのです。

おみそ汁なんか作ってたって、そんなにお金がかからない。

それを黙々と、遊びに来てくれた人に出すの。

商人の「損して得取れ」というのは、これなんです。

本当の商人は、「仕事を取りに行く」ではなく、「断られに行く」のが仕事なんだ。

そう思いながら、「鈴木さん、今日はどうですか?」って。

「100回も断られればいいんだ」というつもりで、断られるたび、

その都度、その都度、あなたの店のいいイメージをお客さんに印象づけているのです。

だから、感じよく断られることなんです。

断られたときが勝負です。

ニコッと笑顔で、

「じゃあ、また何かあったら、よろしくお願いします」と、感じよくいえばいいのです。

そうすると、お客さんは「斎藤さん、感じいいわ~」と思いつつ、

断って、断って、何回も断っていると、洗濯ものが出たときに、「よそへ持って行こう」という人はすごい少ないのです。

こういうことがわかるのも眼力です。

仕事をいっぱいとってくる、ではなく、どんどん、どんどん断られながら、

ずーっと耕して、耕していくと、そこに根が張っていき、“いいお得意様”になる、ということをわかることが眼力。

遊びに来た人にタダでおみそ汁を出したり、おしんこ出したり、

「おばあちゃん、どう、元気?またウチに遊びに来てよ」

とか声をかけに行くのも、同じです。

ただ、こういうことは、愛がないとできないんですよね。

そうじゃないと、お客さんは「安いところ、安いところ」って、探すんです。

すると、回りまわって、全員が苦しくなっちゃう。

だから、お互い、愛で勝負したほうがいいよね、って、私は思うんです。

「そこまで計算して、商売してるんですか?」

って、計算じゃ、できません。

なんだかんだいってもね、愛がなきゃ、商売はできないのです。

引用:「眼力」
斎藤一人 著